2016年06月30日

EUショックを吹っ飛ばせ!


来週発売の週刊プレイボーイの私のコラムで解説しますが、EUショックは日本にとってはラッキーなことなので、なんの心配もいりません。
不安だけ煽るような報道や、いくら聞いても解らない専門家なる輩の解説に釈然としない方は「政界斬鉄剣!!!」を是非お読みください。

さて、そんなEUショックなんかより、よほど人生を豊かにしてくれるであろうドラマがありました!

日本時間の今日未明に行われた全英オープンテニスの男子シングルス2回戦。
世界屈指のレジェンドプレーヤー、ロジャー・フェデラーと戦ったのは、なんと世界ランキング772位の子供テニス教室のコーチだというマルクス・ウイリスさん。
たまたまWOWWOWの生中継を観ていたのですが、今大会で話題になっているシンデレラ・ボーイだとの説明でした。
そのあたりの事情は私よりも様々なサイトなどで語られているようなので割愛します。

http://news.tennis365.net/news/today/201606/110329.html

感動したのは、その試合風景です。

シンデレラ・ボーイとかの薄っぺらい偽善的な話題作りや美談は好きではない私なので、最初は怪我に苦しむ偉大なレジェンド、フェデラーを応援している私にとって「ふふ、これはいいリハビリ相手だな、さようなら!シンデレラくん!」くらいに醒めて見ていました。

しかし…このウイリスさん、文字通りの僥倖で巡ってきた、世界の最高の舞台で世界の最高プレイヤー、フェデラーと戦える、という人生の不思議さと面白さを心から楽しんでいることが画面を通じてヒシヒシ伝わってくるのです。

とにかくウイリスがたった1ポイント取るたびに観客から大喝采なのですが、だんだん私もテレビに喰らいつき……

気がつくと、泣きながら大喝采w

普段は暗い時事ネタとくだらない政治家を斬鉄剣で切っている私にとって、心洗われる素敵な1時間半(それほど一瞬で彼はフェデラーに完敗したので)になりました。
大感謝!

いやあ、それにしても感動した。やっぱりスポーツは最高です!

この話、ハリウッドあたりで映画になるのでしょうか。
でもあのリアルの感動を超えるのは難しいかも……

皆さんも再放送を観る機会があれば是非、ノーカットでどうぞ!


posted by 池田和隆 at 09:02| Comment(0) | なごみ語り(ほっこりと)