2016年11月29日

日本が長年迷走する理由は有識者会議にあり!


最新号の「政界斬鉄剣!!!」では有識者会議などの審議会制度について解説しています。

永遠かと思うほど続く日本経済の低迷は、ついにバブル崩壊後の最初の失われた10年に産まれた子供たちが就職するまでの年月を超えてしまいました。

「戦争を知らない子供たち」というくだらない歌が昔流行りましたが、今や好景気を知らない子供たちが日本社会に巣立ってしまっています。
世界第2位の豊かな国に生まれながら、あろうことか祖国がチャイナに惨めに敗れ去っていく間に、彼らは高級住宅や別荘、高級車に豪華な海外旅行、爆買いなどは全て自分たち以外の外国人がやることだと思ってしまうようになりました。

いったい失われた20年間にこの国の政治家たちは何をやっていたのか?!

驚くべきことに、彼らはその間に日本はどうするべきかを「考えること」すら放棄していたのです。

最新号では我が国の政治家が無能なだけでは飽き足らず、責任すら取らないために作り出した夢の制度、審議会制度について解説しています。
よろしければ是非ご一読ください。



posted by 池田和隆 at 23:34| Comment(0) | やまと語り(政治・経済・歴史)

2016年11月22日

トランプショックでどうなる日米同盟?というほど難問ではありませんけど…


トランプ大統領誕生が日本でも大きな話題です。

しかし、よく考えたら我々日本人が何故ショックを受ける必要があるのでしょうか?

ショックを受けるのはヒラリー・クリントンが勝つと思い込んでいた外務官僚と自称専門家に任せておきましょう。
日本人全体にショックを感じさせることで自分たちの無能ぶりを隠そうとしているだけなのですから。

もちろん、アメリカを根本から理解できていないそんな連中の今後の展開予想など聞くだけ時間の無駄です。

それでも今後の日米関係が気になるという方、最新号の「政界斬鉄剣!!!」ならわずか5分で全て納得!

よろしければ是非。



posted by 池田和隆 at 14:21| Comment(0) | やまと語り(政治・経済・歴史)

2016年11月15日

日米関係の今後にも関わる重要な要素「駆けつけ警護」とは?!


最新の「政界斬鉄剣!!!」は駆けつけ警護について解説しています。

本日、11月15日に閣議決定された自衛隊PKO部隊に対する「駆けつけ警護」任務の付与。
大きく報じられませんが、実はトランプ新大統領誕生後の今後の日米関係にも関係してくる重要な問題なのです。

最新号では駆けつけ警護とは何か、その任務付与が日本にどういう影響をもたらすのかについて解説しています。

よろしければ是非。



posted by 池田和隆 at 21:44| Comment(0) | やまと語り(政治・経済・歴史)